名古屋天白の美容室ヘアサロン/エマンaimant

ご予約はこちら052-803-6090

blog

Posted on 2019.5.9 木曜日

瀬戸内国際芸術祭・直島前編

さて瀬戸内国際芸術祭・直島前編です(長くなるので二部制に、笑)

2日目の直島は、前日とは大違いなくらい人人人!

みんな昨日の休島を知っていたのだなァ。。

直島のお目当は“地中美術館”と“ベネッセハウスミュージアム”

そして“家プロジェクト”

ひとまずレンタカーを借りて、

(昨日ちょろっと直島を回った時、坂で地獄を見た為レンタカー。母が運転。ありがとう。)

地中美術館方面へ。そこに色々固まってあるので向かい、

地中美術館は予約制で13:30に予約を入れてしまっていたので先にベネッセハウスミュージアムに。

(ベネッセハウスミュージアムも撮影禁止なので入口だけ)

中に入ればたくさんの作品と安藤忠雄建築に圧倒。

光の入り方も緻密な計算のもとあって美しいものでした。

そしてベネッセハウスミュージアムから地中美術館までの道中にある

“李禹煥美術館”に。

半地下にある李禹煥美術館はこれもまた自然環境も1つの作品で、

晴天によく映えていてとても綺麗でした。

そしてお目当の地中美術館へ。

(こちらの館内撮影禁止なので入口で記念撮影。)

地中美術館も安藤忠雄建築で、置かれている作品は

美術の授業で一度は耳にしたことのある クロード・モネ・睡蓮 などが展示されていて

これもまた安藤建築と見事に融合されていて。全ての空間に鳥肌が立ちます。

特に感動したのがジェームズ・タレル氏の作品。

感動というのか、驚愕というのか、衝撃というのか。

人間の思い込みや視覚を利用した作品。ぜひ皆さんにも体感していただきたい!

では前編はここまで。次は“家プロジェクト”後編。

other post